2019年1月配当実績:不労所得は幸先良く10万円超え!

振り返ると、2013年から本格的に配当株投資を始めてから、今年で7年目に突入しました。

 

毎年少なからぬ額の資金を投入し続けたおかげで、配当は右肩上がりで増加しており、昨年は

193万円!

の配当をゲットできました。ただ、これはDPSからの特別配当で底上げされており、それを差し引くと

143万円

となり大分減少します。とはいえ、これだけでも相当な金額であり、

良くここまで辿り着いたな・・・

と思います。

 

では、次なる目標を目指して歩み出した2017年1月度の配当はどうだったか? 以下でご報告します。

2019年1月度配当合計

 

2019年1月の配当合計は、以下のとおりでした(税引き後、受取日順、受取日為替換算)。

 

日本株配当米国株配当日本円USD
宝印刷1993BLK247322.46
VYM338130.74
ADP241922.68
UNP367434.46
ARCC49698465.96
KMB382635.88
NKE8447.92
WMT397937.31
PEP715466.54
NGG449341.92
DIS169815.8
MO616857.4
PM878381.78
MKC131812.28
PM120011.06
GE1181.09
1993101226945.28

 

 

日本株配当前年同月比: ±0%

米国株配当前年同月比: +26.6% (USDベース)

 

振り返り

 

米国株配当は、USDベースで

+26.6%!

と、かなりの増加を示しました。個別銘柄でみると、各銘柄からの増配もあったのですが、

ARCCの追加による配当増加!

が一番効いています。

(ARCCについては、2018年4月7日付けの記事『9%超の超高配当銘柄! ARCCのご紹介と『逃した大魚』の恨み節』で取り上げているので、よろしければそちらもご覧ください。)

 

あともう一歩で

月間配当1000 USD超え!

だったのが惜しかったのですが、来年には確実に超える位置に来ています。

 

それから・・・あのオワコン株

GE

からも配当がありました。150株も保有しているのに、大幅減配のため配当金は

たったの1.09 USD!

という寂しい有様です。ほんの少し前までは高配当銘柄として知られていたGEの凋落を見ると

栄枯盛衰

という言葉を思い出さざるを得ません。

ただ、この銘柄は

逆張り投資!

の対象として保有しており、これからも株価の推移を見ながら買い増していくつもりです。配当株投資だけでは退屈なので、ちょっとしたギャンブルもやって見たくなるんですよね・・・。

 

米国株投資開始時からの配当推移は、以下の通りです。

基本的に、右肩上がりで配当が増えているのがお分かりいただけると思います。

 

 

さて話が長くなっていますが、米国株と日本株からの配当総額を日本円に換算すると、前年同月の85,276円から103,219円としっかりとした増加を示しており、年初早々に

月間配当10万円超え!

と幸先の良いスタートとなりました。

 

なお、2019年1月12日付けの記事『【2019年NISA枠】高配当3銘柄で速攻で埋めてやりました!』に記載したように、2019年1月には高配当トリオの

ARCC、BTI、T

をガツンと買い増してやりました。(←良い子の皆は真似しないように!) 今年は、こうした

訳アリ高配当銘柄

を積極的に買い増して行く予定です。

 

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です