ジェレミー・シーゲルが教えてくれる株で一番手間暇かけずに儲ける方法

さて、当ブログを読むような皆さんは、シーゲル先生『赤本』をご存じでしょうね?

 

これですよ、これ

そう、『株式投資の未来』です。念のため、ご存じない方のために説明しますが、この本は、

 

米国株投資家にとってのバイブル!

 

と言っても過言ではありません。この本のおかげで、どれだけの米国株投資家が正しい方向に導かれたか・・・まさに、シーゲル先生

 

米国株投資における導師!

 

とお呼びすべきお方です。

 

で、今日のネタは何?

 

この『株式投資の未来』の中に、

 

一番手間暇かけずに儲けられる方法

 

が、さらりと書いてあるので、それをご紹介したいと思います。それでは、27ページをお開けください・・・

 

・・・と言われも、この本持ってないよ!

 

おっと、これは失礼。では、以下に27ページの図を示します。

 

(いま、『関東某所(結構な都会)』に単身赴任中につき、pdfファイルだ何だという高級な手法が使えないので、ヘボな写真ですいやせん。)

 

これだけでは分かりませんよね。説明すると、米国にはS&P500という株式指数があるのですが、それが設定された1957年に最初に採用された古い構成銘柄が、それ以来どのようなパフォーマンスを示したかを、シーゲル先生が事細かに調べ上げてくださった結果の表です。要するに

 

株を持ち続けた場合どうなるか?

 

という疑問に対する研究成果ですね。

 

一番上のポートフォリオは、『生き残り』組です。そして、当初の構成銘柄が合併や上場廃止で消えた際に、その銘柄を売却して、他の残った銘柄に再投資したパフォーマンスが、年率リターンとして表示されています。

 

二番目は『直系子孫』組です。これは、構成銘柄で合併が生じた場合はそのまま保有し続け、スピンオフが生じた場合はその銘柄を売却して、親会社に再投資するパターンです。

 

三番目は『子孫丸抱え』組です。これは、何が起ころうと1株たりとも売らない究極のbuy & holdを貫いたケースです。

 

さて、その結果だけを再掲しますが、

 

ポートフォリオ年率リターン
生き残り11.31%
直系子孫11.35%
子孫丸抱え11.40%

 

となっており、結論は『子孫丸抱え』が、つまりは

 

究極のバイ&(ア)ホールドが大勝利!

 

という結果となりました。

 

えっ、一番目と0.09%、二番目とは0.05%としか違わないよ・・・

 

と言うなかれ。計算してみればわかりますが、この年率リターンの差が何年も積み重なると、ポートフォリオの総額に明確な差が生じます。だからこそ、インデックス投資家の皆さんが、エクスペンスレシオ(経費率)について0.01%程度の差で熱く議論しているわけです。

 

しかも、よく見るとS&Pの年率リターンである10.85%に対して、『子孫丸抱え』

 

0.55%もの大差!

 

を付けています。年率0.55%の差とは、計算してみればわかりますが

 

ぐうの音も出ないほどのチョー大差!

 

です。つまり、

 

S&P500に連動するETFを買うという、非常に優れた投資手法をも凌駕する方法が存在した

 

ということになります。

 

 

『まとめ』らしきもの

 

株で一番手間暇かけずに儲けるためには、幅広い銘柄に分散して(そもそのS&P500自体が十分に分散された株価組成です)、

 

ずっとバイ&ホールドがお勧め!

 

であり、そうすることで

 

株価指数にも勝てる可能性がある!

 

ことが示されたと理解しています。

 

でも、手間暇はかからないかもしれませんが、何があっても忍の一字でずっと持ち続けるのは

 

決して楽とは言えない

 

と思います(リーマンショックを生き延びたオサーンの、正直な感想です)。

 

<以下蛇足>

 

ところで、2018年2月18日付けの記事『個別投資カテゴリーの説明:優待株投資』で説明したように、私は優待株にも投資していますが、この投資のコンセプトは

 

バイ&ホールド

 

であり、これはすなわち上記のシーゲル先生のご研究成果にヒントを得たものです。(正しく言い換えるならば、優待がもらえるから、その他は目をつぶってアホールドしまひょ、という事です。)

 

S&P500のように適切な株式を選択しているのか?

 

とか、

 

米国と日本とでは市場環境が違うので、シーゲル先生の成果をそのまま適用できないんじゃない?

 

あるいは、

 

マリリンちゃんに釣られて株を買ったりしているのに、シーゲル先生の研究成果を引用したと主張するのは、おかしいんでねえの?

 

と、色々突っ込みどころはあると思いますが、そこは生暖かい眼で見守ってくださいな・・・。

 

ちなみに、この記事を書いている時点(2018年4月12日)で、私の優待株投資の設定来(2014年1月~)のリターンは、

 

初期投資額:300万円

現在価値:株式446万円+現金61万円=507万円

 

 

+69%

 

となっており、ボケーっとバイ&ホールドしていることを考えると、なかなかの結果が得られています・・・と一応自画自賛しておきましょう。まあ、相場環境が悪くなれば、あっという間に含み益はふっとんでしまうでしょうけどね。

 

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です