世界の大手製薬企業の第二四半期の業績をまとめてみた!

さて、今回は世界の大手製薬企業の第二四半期業績のまとめ記事を作ってみました。

 

大手製薬企業第二四半期業績

 

各社業績は、こんな感じです。

このうち、ロッシュ(RHHBY)は利益額を公表していないので記載していません。またノバルティス(NVS)の利益には、GSKコンシューマーヘルスケア株のうちNVS持ち分の売却益57億ドルが加算されています。イーライリリー(LLY)は赤字となっていますが、これはAMROバイオサイエンシズを買収した影響が表れています。

 

では、上記のチャートをちょっと形式を変えて表示してみましょうか?

利益率は、ファイザー(PFE)、アッヴィ(ABBV)、アムジェン(AMGN)、ギリアド・サイエンシズ(GILD)が20%を超えています(NVSは、上で述べた理由のため除外しています)。

前の3社はともかく、GILDが意外に頑張っていますね。それから、バイオ医薬品を主力に据えるメーカの収益性が高いことが伺えます。

 

各社品目別状況

 

JNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
ステラーラ乾癬13.4136%
ザイティガ前立腺がん9.0963%
インヴェガ統合失調症7.215%
イムブルビカリンパ腫・白血病6.238%
イグザレルト抗凝血6.796%
ダルザレックス多発性骨髄腫5.1171%
レミケード関節リウマチ13.214%

ステラーラが伸びています。レミケードも頑張っています。

 

RHHBY(ロシュ)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
ハーセプチン乳がん18.782%
パージェタ乳がん7.1128%
マブテラ/リツキサン非ホジキンリンパ腫17.68-11%
アバスチン抗がん剤18.051%
オクレブス多発性硬化症5.7195%

パーセプチンまだまだ強し! アバスチンも負けていません。

 

PFE(ファイザー)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
プレブナー肺炎12.58%
アイブランス乳がん10.2720%
エンブレル関節リウマチ5.51-11%
ゼルヤンツ関節リウマチ4.6338%
リリカ神経痛11.343%
リピトール高コレステロール血症5.2117%

プレブナーやアイブランスに並んで、リリカは相変わらず頑張っています。

リリカの有効性分(原薬)はプレガバリンで、上記のような構造です。この程度の構造の化合物なので、間違いなく原価率は非常に低いと思われます。PFEにとってはウハウハでしょうね。

 

NVS(ノバルティス)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
ジレニア多発性硬化症8.663%
コセンティクス乾癬7.0143%
ルセンティス加齢黄班変性症5.158%
グリベック白血病4.16-18%
タシグナ白血病4.885%
サンドスタチン先端肥大症3.99-1%

コセンティクスが伸びています。需要のあるバイオ医薬品は売上に貢献しますね。

 

MRK(メルク)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
キイトルーダ各種がん16.6789%
ジャヌビア糖尿病15.352%
ガーダシル子宮頸がん予防6.0830%
ゼチーア高コレステロール血症2.26-39%

キイトルーダが、ジャヌビアをあっさりと超えてしまいました。どこまで伸びるでしょうか?

 

GSK(グラクソスミスクライン)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
セレタイド/アドベアー気管支喘息、COPD7.97-28%
エリプタ気管支喘息、COPD6.8926%
ベントリン気管支喘息、COPD2.290%
トリーメクエイズ9.239%
テビケイエイズ5.525%

ポートフォリオが偏っていない?

 

SNY(サノフィ)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
ランタス糖尿病10.6-21%
トゥジェオ糖尿病2.588%
ロべノックス抗凝血4.49-2%
プラビックス抗凝血4.451%
オーバジオ多発性硬化症4.811%

うーん、ちょっと厳しくなってきたか・・・。

 

ABBV(アッビイ)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
ヒュミラ自己免疫疾患51.8510%
イムブルビカリンパ腫・白血病8.536%
ルプロン前立腺がん2.236%
クレオン膵外分泌機能不全2.1911%
デュオドパパーキンソン病1.0832.90%

ヒュミラは相変わらず強いですね。今年も、世界No.1の売り上げを叩き出すのは間違いないでしょう。

 

LLY(イーライリリー)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
ヒューマログ糖尿病7.713%
トルリシティ糖尿病7.862%
バサグラー糖尿病2.02133%
ジャディアンス糖尿病1.4743%
アリムタ抗癌剤5.564%
シアリス男性不妊5.39-14%
フォルテオ骨粗鬆症4.35-3%
サイラムザ各種がん2.1917%

LLYと言えば糖尿病です。糖尿病治療薬ポートフォリオを、がっちりと構築していますね。

 

AMGN(アムジェン)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
エンブレル関節リウマチ13.02-11%
ニューラスタがん化学療法による好中球減少111%
プロリア骨粗鬆症6.121%
アラネスプ腎性貧血4.72-12%
エックスジーバ骨巨細胞腫4.5214%
センシパル腎疾患、甲状腺機能亢進4.2-2%

さて、ポートフォリオの入れ替えは上手く行くでしょうか?

 

BMY(ブリストルマイヤーズスクイブ)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
オプジーボ各種がん16.2736%
エリキュース抗凝血16.540%
オレンシア関節リウマチ7.119%
スプリセル白血病5.356%
ヤーボイ各種がん3.15-2%
バラクルードB型肝炎1.79-34%

オプジーボは好調ですが、MRKのキイトルーダに抜かれましたね。非小細胞肺がんの1stラインを取れなかったことが、ボディーブローとして効いているのかも?

 

GLID(ギリアド)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
ゲンボイヤHIV11.635%
ツルバダHIV7.6594%
デスコビHIV4.0341%
オデフセイHIV3.8549%
ハーボニーC型肝炎3.31-76%
エプクルサC型肝炎5-57%

ハーボニーの売り上げが急減したときは、『ここまでか?』と思ったのですが、HIV関連に上手くポートフォリオを組み替えてきています。商売上手な会社ですね。

 

AZN(アストラゼネカ)

製品名対象疾患売上(億ドル)前年同期比
シムビコート気管支喘息、COPD6.72-8%
パルミコート気管支喘息、COPD2.8720%
ネキシウム胃潰瘍・十二指腸潰瘍4.42-28%
クレストール高脂血症3.38-42%
ブリリンタ抗凝血3.1613%
ファークシガ糖尿病3.434%
タグリッソ肺がん4.2277%
リンパーザ乳がん1.5154%

シムビコートもパルミコートも、ぶっちゃけ昔からあるステロイドそのまんまですからね・・・。ネキシウムも、オメプラゾール以来の『一体いつからおるんやねん?』という薬ですし・・・。もっと頑張ってもらいたいものです。

 

『まとめ』らしきもの

 

いかがだったでしょうか?

 

全体をざっと眺めてみると、バイオ医薬品をポートフォリオに組み込んだ会社とそうでない会社の差が、徐々に表れてきているような印象を受けます。

 

今回まとめを作りましたが、この中で私はJNJしか保有していません。また、JNJに追加投資することも、他の銘柄に投資することも全く考えていません。

 

医薬品産業ほど、ハイリスク・ハイリターンな業界はありませんからね。私はミドルリスク・ミドルリターンが好みなので・・・

 

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です