知識は大事:ステンレスで下手をうった投資家の話(投資ネタじゃないけどね)

さて、2018年2月27日付けの記事『出向だって・・・』に記載したように、私は『関東某所(ぷち田舎)』から『関東某所(結構な都会)』に

出向

を喰らって、この地に赴いたのですが、あれから2カ月が経ちました。

 

最初は『ご主人様のいるお家に帰りたい、ワンワン』(←プロフィール参照)となるかと思ったのですが、一人暮らしもやってみればなんとかなるもので、料理・洗濯・アイロンがけ等々も意外に面白くて、まあまあの日々を送っています。(とはいえ、奥さんの手料理が食べられないのは・・・ね)

 

でも、久しぶりの一人暮らしのため『こいつは失敗したな・・・』と思うことも当然ながらあるわけでして、今日はそのお話をしたいと思います。

 

何を失敗したのか?

 

一人暮らしを始める際には、料理道具を買いますね? 中でもやかんや鍋などは、ほぼデフォルトで

ステンレス製

ですね。

 

で、引っ越し初日に、近くのホームセンターに料理道具を買いに行ったのですが、

無駄金は使わん! 物は安く買うのが正義!

というドケチ精神に満ち溢れた投資家である私は、一番安いステンレス製の料理道具を買い込みましたが、

それが失敗だった・・

 

何がいけなかったか? 繰り返しになりますが、ドケチ精神に満ち溢れた投資家である私は無駄金を使うことが嫌ですので、ペットボトルの飲料なんか買いはしません。飲み水といえば、

水道水を沸かしたもの

で十分です。したがって、ステンレスのやかんで水道水を沸かして飲んでいたのですが・・・水が

なんか・・・金気臭い

のです。

 

最初は我慢したのですが、金気臭い水を飲むのはだんだん嫌になってきたので、仕方なくペットボトルの水を飲むようになりました。もちろん、買ったりはしません。そこはドケチ精神に満ち溢れた投資家である私です、

株主優待やふるさと納税で頂いたもの

を飲んでいたのですが、さすがに毎日飲んでいると在庫も底をつきそうになってきました。

 

『うーん、どうしよう・・・。ペットボトルの水を、わざわざ自腹を切って買うのは嫌だしな・・・。』と考え込んだのですが、そもそもなぜステンレスのやかんで沸かした水が金気臭いのか気になって、Google先生に尋ねてみたら・・・その理由が分かりました。

 

ステンレスの質について

 

ステンレスは、鉄をベースにクロムやニッケルなどの金属を添加し、さびにくくしたものです。ステンレスには幾つもの種類があって、それは添加された金属の含量により分類されます。そして、耐久性にも差が出てくるのです。具体的には、以下のようにまとめられます。

 

18-8:クロム18%とニッケル8%を含有、このやかんで沸かした水は金気臭くなる

18-10:クロム18%とニッケル10%を含有、このやかんで沸かした場合は金気が気にならないレベルになる

18-12:クロム18%とニッケル12%を含有、このレベル以上だと、プロの料理人でも金気の判別が難しくなる

 

つまり・・・私は18-8のやかんを買ってしまっていたということですね。失敗しました。

 

さて、どうする?

 

『じゃ、買いかえれば?』と普通の方は気軽におっしゃるかもしれませんが、そこはドケチ精神に満ち溢れた投資家である私は、

うーん、折角買ったやかんを使わないで済ますのはもったいないなぁ・・・でも、金気臭い水は嫌だなぁ・・・

と1週間も板門店・・・いや煩悶した挙句、

結局、買い替えることとしました。

 

で、またまた近くのホームセンターに出かけてステンレスのやかんのコーナーを見たのですが、18-8のやかんしかありません。『さて、どうしたものか・・・?』と思案投げ首の私の目に飛び込んできたのは、

18-10の鍋

でした。実は、鍋も18-8の安物を買っていたのでちょっと嫌だったので、

18-10の鍋を買って、料理とお湯沸かしの両方に使えばええやん!

と思いついて、速攻購入しました。

 

家に帰って早速お湯を沸かして飲んでみると・・・

金気臭くない!

気分的には『大勝利!』といった感じでした。以降は、料理と湯沸かしにフルに使用しています。

 

『まとめ』らしきもの

 

さて、一応投資ブログですから、お金の話でまとめましょう。やかんは1498円で購入しました。一方、新しい鍋は2780円で購入しましたから、価格差は1282円です。これは、

100円のペットボトル13本を買わなかったら元が取れる

ことを意味しており、一日でペットボトル1.5本分の沸かした水を飲む私にとっては、

あっという間に回収できる金額

となります。トータルの損得では、

買い替えてよかった♡

となります。

 

とはいえ、そもそも

自分が買う商品はしっかり調べるべし!

というのは、投資家にとっては基本中の基本ですが、投資商品でない、たかがやかんとはいえ、それを怠ったがために、

無駄金を使う羽目になってしまったこと

は、投資家として反省すべきです。やはり、

正しい知識が大切

というのは、投資だけでなく何事にも当てはまるのですね。

 

さて、古い鍋はステンレスのボール代わりにフルに使用していて(主にゆでた野菜をさっと水にさらすために使用)、無駄にはしていません・・・が、

やかんは使っていません(涙

ドケチ精神あふれる投資家である私としては、これは

全くもって痛恨の極み

であり、このやかんを何とか有効活用できないかと、日夜頭を悩ましています。

 

何か良いアイデアありませんかね?

 

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です