Googleアドセンス審査一発合格! おサルな私がやった『えっ?こんなんでええの?』と思わずにはいられなかった超簡単な方法

2018年3月4日にGoogleアドセンスに申請したところ、3月6日に合格の通知をいただきました。ブログを立ち上げてほぼ1カ月目での嬉しい知らせです。

 

ネットでは、『Googleアドセンスの審査は難しい』というコメントが散見されるのですが・・・

 

こんな(テーマをカスタマイズせずにデフォルトで使っているようなしょぼいブログでも、あっさりパスしました ♡

 

そのチープなノウハウをご紹介しましょう。(←もちろん、他のブロガーさんが紹介していた方法をパクったものです)

 

まずは形(だけ)を整える

 

『審査をパスするには、メニューに必要な項目を入れ込む必要がある』と、どこかのブロガーさんが書いていたので、それをそのまま真似しました。具体的には、メニューに・・・

 

①『プロフィール』欄を作る

見ていただければわかるように、アホ丸出しで、プロフィールとはとても言えないレベルの雑文を書き散らしました。

 

②『累積年間投資成績』と『配当実績』欄を作る

とりあえずメニューを作っただけで、『工事中』です。

 

③『お問い合わせ』欄を作る

とりあえず、どこかのブログで紹介されていたプラグイン(Contact Form 7)をインストールして作りました。

 

④『プライバシーポリシー』・『免責事項』欄を作る

どこかのブロガーさんの同項目をほぼパクったのですが、『コピペするとGoogle先生がお怒りになる』と、どこかのブログに書いてあったのでわざわざ手打ち入力しました。

 

記事作成は?

 

『記事数が少ないとGoogle先生がお認めにならない』と、どこかのブログに書いてあったので、へそをぼりぼり掻きながら『そんなに記事を書かなきゃならんのか・・・あーかったるい・・・どうすっべ・・・?』と考えて閃いたのが、

 

『そうや、配当投資家の伝家の宝刀の”配当履歴”で記事数を稼げるやないか?』

 

そうです、配当履歴はフォーマットを決めさえすれば、ラクチンで記事が書けるんですよ・・・で、ひたすら配当履歴をアップし続けました。

 

画像は貼らなくていいの? 1つの記事当たり2000文字は必要じゃないの?

 

私のブログを最初から読んだもの好きな方にはお分かりいだだけるかと思いますが、『画像ガー』とか、『1記事あたり2000文字ガー』とか、

 

『そんな工夫は全く必要ありません』と断言できます

 

このブログで今まで使用した画像はたった2個ですし、各記事の文字数は500を超える程度でしかありません。

 

『うそだ!』と思う人は、当ブログの記事を最初から全部読んでみてください。うそでないことが分かります。

 

『まとめ』らしきもの

 

Googleアドセンスの審査を一発で合格するアホみたいに簡単な方法、まとめます

 

①メニューに、(1)プロフィール欄、(2)お問い合わせ欄、(3)プロイバシーポリシー&免責事項欄、(4)その他の欄、を作り、とりあえず(1)~(3)だけを埋めておく

②自分にとってラクチンに書けるネタ(内容問わず)について、500字程度の記事をひたすらアップする(強調したい部分のフォントと色を変えたりはしていますが)

 

ただそれだけで、オサレな事をする必要は全くありません! しょぼい記事21個を書いただけで審査をパスしました!!

 

ついでに言うと、このブログ立ち上げから今までに(2018年3月7日時点)訪問されたのは3名のみで、しかも皆ゆきずりのお方です。つまり、PVなんてゼロに等しい。

 

そんなブログでもGoogle先生に合格をいただけたのですから、皆さんもできます!

 

チョー過疎ブログでドヤ顔で語っていてもねぇ・・・

〇|¯|_

 

でわ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です