配当株ポートフォリオは『24時間働ける自分の分身!』

働くというのはなかなか大変ですよね。

 

多くの会社では週に2日は休めるとはいえ、その代わり平日はフルに働くことが求められます。しかも、早朝から深夜まで働くのも当たり前という社会状況です。その状況を改善するために

働き方改革!

が叫ばれているとはいえ、一方で裁量労働制の適用範囲を拡大しようとする動きもあり、長時間労働の問題はそう簡単には解決しないと思われます。

あなたは24時間働けない

 

さて、あなたは職場で

24時間戦えますか?

 

・・・このセリフを聞いて『クスリ!』と笑うあなたを、オサーン(あるいはお姉さまに認定して差し上げます。

 

元ネタが分からない方のために説明すると、これはバブル崩壊直前の

イケイケ日本!

の頃に流行った強壮飲料のCMに出てくるセリフです。

 

思えば当時の日本人の仕事ぶりもかなり無茶でしたが、それでも今ほど社会的な問題となっていなかったのは、経済がまだまだ上り坂で頑張れば明るい未来が待っているという希望があったからでしょうね。メンタルでやられるという人も、今ほどはいなかったように思います。

 

もちろん、今や『24時間戦えますか?』なんてことを言うと

ブラック&パワハラ

にソッコーで認定されてしまいます。私だって嫌です、お金を積まれたって24時間は働けません。

 

配当株ポートフォリオはあなたの代わりに24時間働いて配当金をもたらしてくれる!

 

でも、配当株は違います。

休まずにフルに働いて配当金をもたらしてくれます!

 

私の配当株ポートフォリオの場合、2018年の通常配当金143万円を元に計算すると、

1カ月ごとに約11.9万円を!

1日ごとに約3900円を!

1時間ごとに約163円を!

それぞれ産み出してくれます。

 

このうち、特に1時間あたりの配当金に注目すると、私の配当株ポートフォリオは

『時給163円で24時間365日働き続けること!』

と同じお金をもたらしてくれます。そして、労働者の1日あたりの所定労働時間はだいたい8時間程度ですから、私のポートフォリオは

『約540円≒163X(24÷8)の時給で通常勤務で1日働くこと、しかも年中無休で!』

とほぼ同様の効果をもたらしてくれます。

 

そして、素晴らしいことに、これだけのお金を手にするために

私自身が働く必要はない!

のです! 配当株ポートフォリオという私の

分身!

が勝手に働いて稼いでくれますから。

 

しかも米国株を中心にポートフォリオを組んでおけば、勝手に増配して受取配当金が増えます。これは、

私の分身が生産性を高めて業績をあげて昇給を勝ち取った!

とも言えます。何て素晴らしい我が分身なんでしょうか!

 

『まとめ』らしきもの

 

配当株ポートフォリオを持つことは、

もう一人の自分が24時間365日働き続けてお金を稼いでくれる!

ことと同じ効果をもたらしてくれます。

 

もちろん、最初から時給何百円分の配当を得られることはできませんが、配当株を買い足していくことにより、時給数円から始まって数十円、百数十円、数百円と増やしていくことは十分可能です。

節約して資金を捻出して、その資金を配当株に投資し、さらに配当の再投資も続けることにより、

自分の代わりに働く勤勉な労働者!

を育ててみてはいかがでしょうか?

時間はかかりますが、やってみる価値は十分ありますよ!

 

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です