暇な投資は良い投資!

さて、皆さんは株式投資にどれぐらい時間を掛けていますか?

 

デイトレードをやっている方は、毎日長い時間モニターに張り付いていることでしょう。

個別株でグロース投資をされている方も、銘柄や市況の研究に時間を費やしていることと思います。

配当株投資は手間要らず

 

さて、配当株投資家である私が、株式投資にどれだけ手間を掛けているかというと・・・

 

① 配当株を買う

② ぼーっとしている

③ そのうち勝手に配当が溜まってくる

④ 溜まった配当と追加資金を合わせて、①に戻る

 

たったこれだけです。株式投資に定常的にかける時間は月に数時間ぐらいで、しかもその過半は、取引報告書のダウンロードと配当の集計に費やしています。

 

銘柄研究にかける時間も少ないですね。なぜなら、買うべき配当株の数は限られているからです。

私の場合、20年以上連続増配している米国株を基本的に選好しているのですが、該当する銘柄の数は200に届きません。そこから、更にセクターや配当利回り等を考慮して絞り込みをかけていますので、実際に投資対象となる銘柄100以下です。

その程度の数であるので、それらの株式発行会社の状況については、問題なく理解できており、それ以上調査の必要性は低いのです(四半期ごとの決算報告のチェックは行いますが、それも資料をざっと見る程度です。銘柄によっては、チェックしないこともあります)。

配当金と追加資金で買う銘柄についても、選抜に時間を掛けてはいません。配当利回りが2.5%以上で、保有比率の低い銘柄を機械的に買っているだけです。

 

ですから、配当投資家としての私は、基本的に

暇です

 

その分、ブログに専念できています。ブログ運営のためには、調査に時間が必要ですし、記事を書くのにも時間が掛かります。ほったらかしできる配当株投資とは相性が良いですね。

 

『まとめ』らしきもの

 

以上述べたように、配当株投資は、最初に銘柄を決めておけば、後はほとんど手間が掛かりません。その一方で、(銘柄選択を間違えなければ)配当は確実に入ってきます。

 

手間がかからず確実にお金をもらえるとは、何と素晴らしい投資法でしょうか!

(インデックス投資も手間はかかりませんが、市場が暴落した時には含み損となる可能性はありますからね)

 

もちろん、配当株を買うお金は必要ですけどね。株を買うお金を得るためには、労働なりブログ運営なりの労力は必要ですが、それは他の投資でも同じですので、ここでは論じません。

 

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です