やはり! 配当再投資すれば株価がずっと下落しても儲けられる・・・のか?

2018年9月9日付けの記事『なんと! 配当再投資すれば株価がずっと下落しても設けられる!』では、株価下落時でも配当で株を購入することで株数が増え、それに呼応して資産価値が上昇することをシミュレーションで示しました。

 

ただ、前回行ったシミュレーションには、大きな欠点が二つあります。

一つ目は、税金を考慮していない事です。

二つ目は、株価が下落しても配当がそのままと仮定したため、配当利回りが現実的でなかった事です。

 

そこで、上記の欠点を正した上で、更にシミュレーションしてみました。

 

シナリオ③:株価がやっと戻ってきたと思ったら、なんと!!!(税金考慮編)

 

ここでは、前回の記事のシナリオ②について、税率30%(米国10%+日本20%)として計算しました。

さて、結果は?

年数株価
(USD)
株数資産額
(USD)
配当額
(USD)
追加株数
130100.03000.0126.04.2
229104.23021.8131.34.5
328108.73044.4137.04.9
427113.63067.7143.25.3
526118.93092.0149.85.8
625124.73117.1157.16.3
724131.03143.3165.06.9
823137.83170.4173.77.6
922145.43198.7183.28.3
1021153.73228.2193.79.2
1120162.93259.0205.310.3
1221173.23637.5218.210.4
1322183.64039.3231.310.5
1423194.14464.8244.610.6
1524204.84914.2258.010.7
1625215.55387.7271.510.9
1726226.45885.6285.211.0
1827237.36408.1299.011.1
1928248.46955.6313.011.2
2029259.67528.2327.111.3

 

はい、やはり儲かっています♡

 

20年で2.5倍ですと、年率に換算すると4.7%です。

株式の通常のリターンである6~7%を下回っていますが、株価が初期値を一度も超えていないことを考えると、悪くない結果と言えるのではないでしょうか?

しかも、米国に納めた税金については、確定申告で戻ってきます。全額が返ってきたとして、その分を再投資すれば、平均リターンは5.4%になります。

 

シミュレーション④:株価も配当もだだ下がり・・・(税金考慮編)

 

さて、最後に強烈なシミュレーションを、ご覧ください。

 

株価が20年下がり続け、それに合わせて配当利回りも6%をキープし(つまり、配当も下がりつつける)、おまけに30%の税金をふんだくられるという、

泣きっ面にスズメバチ

とでも言いたくなるような地獄のシナリオでは・・・?

年数株価
(USD)
株数資産額
(USD)
1株当たり配当
(USD)
配当額
(USD)
追加株数
130100.03000.01.26126.04.2
229104.23021.81.22126.94.4
328108.63040.11.18127.74.6
427113.13054.71.13128.34.8
526117.93065.11.09128.75.0
625122.83071.01.05129.05.2
724128.03072.01.01129.05.4
823133.43067.60.97128.85.6
922139.03057.50.92128.45.8
1021144.83041.10.88127.76.1
1120150.93017.90.84126.86.3
1219157.22987.40.80125.56.6
1318163.82949.10.76123.96.9
1417170.72902.20.71121.97.2
1516177.92846.20.67119.57.5
1615185.42780.40.63116.87.8
1714193.12704.00.59113.68.1
1813201.32616.30.55109.98.5
1912209.72516.50.50105.78.8
2011218.52403.7 0.46101.09.2

 

さすがに、これはあきまへん・・・

株価が3分の1になっても、配当再投資のおかげで資産価値の減少が-20%で留まった・・・と言われても、慰めにもなりませんね。

 

『総まとめ』らしきもの

 

シミュレーション③では、現行の税率をそのまま適用した場合でも、

やはり資産価値が上昇する

ことを示すことが出来ました。

 

一方、シミュレーション④は・・・さすがに厳しかったですね。このシミュレーションから得られる教訓は、

株価が下がって配当も下がったら、その株をとっとと売り払え!

ということですね。

 

さて前回の記事から、高配当株の株価が上がらない場合の資産価値変化について、シミュレーションをしてきましたが、いかがだったでしょうか?

なんとなく理解していることでも、きちんとシミュレーション等で数値化すると、新たな気づきが得られて有用であることが分かりました。

 

皆さんも、ご自分で色々なシナリオを立てて、シミュレーションを行ってみてはいかがですか? きっと得られることがあると思いますよ。

 

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です