口内炎に効くサプリメントはビタミンBでなく○○○○〇だ!(←これチョーお勧めです!アフィリエイトじゃないよ!)

さて、今日は投資とは全く関係ない健康ネタですが・・・皆さんは、口内炎になったことがありますか?

 

私の歯は、下側の犬歯が外に飛び出した状態になっています。そのため、時々自分の下唇の内側を噛んでしまうんですね。噛んだその後に、いったんは傷口がふさがります。が、それから憂鬱な日々が始まるんですよ。

 

それはですね、噛んだ後の傷がいったん治ったように見えても、その後でその場所が化膿してきて、しかも穴が開いてくるんです。そうなると、

ご飯を食べても痛い、歯を磨いても痛い、しゃべるときでさえも痛いという状態が、大体10日は続くんです

その煩わしいことといったら!

 

ところで、口内炎にはビタミンBが効くとよく言うじゃないですか。でも私の場合は全く効かなくて、いくらビタミンBのサプリを飲んでも、結局はぐずぐずと痛みが10日近くは続くんですよね。

 

でも、今はそんな状態から完全に解放されています。とあるサプリメントのおかげでね。

 

どんなサプリメントが口内炎に効果があるのか?

 

ここ何年かの話ですが、家族がとある事情でビタミンC原末を食事ごとに1g程度飲むような生活を送っていたんですよ。

それを見ているうちに、『ビタミンCは活性酸素の消去に効くというし、水溶性ビタミンだから過剰摂取の害もないだろうから、俺も飲んでみようかな。』と、一緒に飲むようになったんです。

 

で、飲み始めてしばらくした頃に、また口の中を噛んでしまったのですね。『あーあ、またやっちゃったよ。しばらく嫌な日々が続くな。』とその時は憂鬱になったのですが・・・

どういうわけか、いつもと違って化膿せずに治ってしまいました

その時は、『あれ、どうしたのかな。でも、化膿せずに治ってラッキー!』と思っておしまいだったのですが、それからまたしばらくして、口の中を噛んだのですが、

この時も、化膿せずに治ってしまいました

 

今まで、口の中を噛むたびに悩まされていた口内炎に、2回もならずに済んでしまってうれしかったのですが、一方で『なぜ口内炎にならなかったのだろう?』という疑問もわいてくるわけですよ。

一応、科学者の端くれですので、『最近ビタミンCを大量に摂取しているが、その効果ではないか?』と考察したのですが、それからしばらく経ってからまた口の中を噛んでしまったんですね。

となると、科学者の端くれとしては人体実験で確かめてみたくなるわけですね。で、口の中を噛んでからビタミンCの摂取をやめて様子を見ていたところ・・・

見事に口内炎になりました(涙)

やはり、ビタミンCが口内炎になるのを防いでいたんですね、私の場合は。

 

ビタミンCがなぜ効くのか?

 

ビタミンCには色々な薬理作用がありますが、その中のひとつに挙げられるのがコラーゲンの生成促進です。

コラーゲンは、たんぱく質の一種であり、細胞の機械的構造をサポートする働きがあります。したがって、怪我からの治癒過程では、コラーゲンの生合成が必要となります。

そうした状況でビタミンCを摂取することは、コラーゲンの生合成を促進することとなり、それは怪我からの治癒を早めます。また、ビタミンCは細菌感染の防御力向上にも寄与します。

 

・・・などといった説明はともかくとして、私の場合は

ビタミンCの摂取のおかげで口内炎から解放された

ことは事実です。

 

私の母の場合は・・・?

 

ところで、私の母は80歳を過ぎていて、膝関節変形症に悩んでいました。症状が悪化してきたため、人工関節の手術を受けることを検討していたのですが、なかなか踏ん切りがつきませんでした。というのも、母は化膿しやすい体質で、今までに2回受けた手術(虫垂炎手術と足に刺さった針を抜く手術)ではいずれも術後に化膿したため大変な目にあったとのことであり、同様なことにならないか心配していたからでした。

 

しかしながら膝の状態は悪くなる一方だったので、ついに意を決して手術することとしたのですが、とても不安がっていました。そこで私は、ビタミンCが傷の治りを早くしたという自分の経験を伝えて、ビタミンCの摂取を勧めました。

もともとサプリメント類は大好きなタイプだった母は、私の勧めにしたがってビタミンCの高用量服用を続けて手術に臨んだところ・・・

全く化膿せず傷口がきれいにふさがっちゃいました!

 

母が手術で化膿したのは数十年以上前のことであり、当時の医療技術で予防できなかった感染を、現代の技術ではコントロールできるようになっていたことが化膿せずに傷が治った理由でしょうが、私はビタミンCも母の傷の治りをサポートしたものと思っています。

 

どんなビタミンCがお勧めか?

 

さて、私の身内の範囲内では卓効を示したビタミンCですが、調べてみるとわかるようにいっぱい商品が出ていますね。

その中で、どの会社のビタミンCがベストかは分かりませんが、我が家ではイワキのビタミンC原末を愛用しています。

(↓アフィリエイトではありません)

理由は、食品添加物グレードのビタミンCよりも純度が高く、それが良いだろうと考えたからです。

 

『まとめ』らしきもの

 

母の手術の予後が良好だったことが、ビタミンCの摂取のおかげだったと確信をもっては言えませんが、私の口内炎にビタミンCが効いていることは、100%の自信をもって断言できます。

 

個人差の可能性もあり、ビタミンCが私以外の方にも同様な効力を発揮するかどうかは保証できませんが、よく口内炎になる方は一度試してみてはいかがでしょうか? 口内炎に効かなかったとしても、もともと体に良いサプリメントですから他の効果が得られるかもしれませんよ。

 

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です