2016年7月配当実績:前年同月を下回りましたが、それでも不労所得12万円超え!

配当株投資家にとって最もがっかりさせられるのは、減配等による配当減少です。

 

正しく配当株投資を続けているのであれば、基本的には配当は右肩上がりになるのですが、様々なイベントのために配当減少を喰らうのは、多くの配当株投資家が経験しているのではないでしょうか?

 

・・・という前振りでお分かりいただけるかと思いますが、この月の配当は減少しました。詳細については、『今までの配当株投資を振り返る』シリーズの、2016年7月配当成績をご覧ください。

 

2016年7月度配当累計

 

2016年7月の配当累計は以下のとおりでした(税引き後、受取日順、受取日為替換算)。

 

米国株配当日本円USD外国株配当
UNP241823.72深圳省高速38257
PEP545753.98安徽省高速25875
ARCC24745242.82
ADP154515.22
KO10199100.43
KMB330433.01
DPS114011.41
PM825181.16
MO247324.33
PFF(マネックス)137913.57
PFF(楽天)256624.88
63477624.5364132

 

日本株配当前年同月比: -%

米国株配当前年同月比: +8.0% (USDベース)

 

振り返り

 

この月は、前年同月比で日本円換算の配当が減少していましたが、その理由は米国株および中国株ともに

 

円高

 

となったためです。まあ、外国株に投資している以上は仕方がない事ですね。

 

それでも、配当総額が12万円を超えており、この月までに蓄積したポートフォリオが確実にリターンを生んでくれました。多少の為替変動を喰らっても、個人的に設定している

 

毎月10万円の配当収入を得る

 

という目標は達成することが出来ました。

 

なお、この月は、

 

AEPの追加購入、BUDとMDLZの新規購入

 

を行っています。

 

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です