トラ様ご乱心!:チャンス到来か?(そして、別の意味では極めて憂慮すべき事態が進行中・・・)

さて、またトランプ大統領がやってくれましたね。

 

何の話?

 

22日のNY株式市場で、ダウ30が724ドルの急落を見せました。

 

これは、皆さんご存知のように、米国が打ち出した中国に対する制裁措置の余波です。トランプ大統領は、中国による知的財産権の侵害を理由として、スーパー301を発動し中国の情報通信機器や機械に対して500~600億ドル相当の制裁措置を行うと発表しました。

 

・・・って、自由貿易の果実を享受している米国がこんなことをして誰得?何得?という話ですよね?

 

いやいや、あるクラスタにとっては『誰得・何得』なんですよ!

 

さて、市場が動揺すると、ホイホイ出てくるのが、そう

 

配当株投資家

 

です。だって、配当株投資家が収益を伸ばす機会は、

 

①安値での株購入

②配当再投資

③持ち株の増配

 

の3パターンしかないわけで、そのうち株価急落によって①の機会が訪れ、さらに②の効率も高まるので、

 

落ちるナイフ上等!

 

となるわけですよね。株価が下落してワクワクしないわけがありません・・・ま、『落ちるナイフを掴んで血だらけになりたいーっ!』と叫んでいるわけで、

 

だだの『M』なのかもしれませんが

 

『まとめ』らしきもの

 

でも・・・まだまだ高いですよね。2018年2月12日付けの記事『今はバブルなのか?』に記載したように、私は米国株はバブル状態にあると思っています。

 

ですので、せめてNYダウが20000ドルを割り込んでくれないと(いや、もっとグサグサ来てぇー・・・やっぱりM)、なかなか買い進む気にはなれません。700ドル程度の下落では全く不十分ですね。

 

それ以前に、2018年2月27日付けの記事『出向だって・・・』に記載したように、これから我が家の家計はキャッシュアウトが甚だしくなるので、おいそれとは買い向かえないのです。

 

一応、予備兵力として二個大隊程度の戦力を残してあるので、それは是が非でも死守しつつ、

 

その日

 

に備えたいと思います。え、『二個大隊が、諭吉先生換算でどのぐらいか?』ですって? それは

 

ヒ・ミ・ツ

 

まあ、察してくださいな。わかるでしょ?

 

<少し真面目な蛇足>

 

トランプ大統領のハチャメチャぶりにより、世界における米国のヘゲモニーは大きく揺らぎつつあると考えています。そして、その隙をついて『誰得?何得?』をめぐる策動が起こるかも、いや起こらないわけがない・・・と考えると

 

トランプ劇場を笑っているわけにはいきませんね・・・

 

つまり、

 

存立危機事態!

 

の種は、既に蒔かれていると覚悟しておいたほうが良いです。それから、ほら、誰かが終身制を手に入れたでしょう? あれは日本にとっては

 

超ガクブル

 

の事態だと考えておいたほうが良い。なぜなら、彼は超大物になったわけですが、実は先人の遺産を受け継いだだけに過ぎない。ですから、

 

自分が超大物であるということを実績で示さなければならない・・・

 

これが、何を意味するかはわかりますね? まずは、どこかの大きな島で何が起こるか?を、じっと注視すべきです・・・。

 

でわ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です