株式と言うレンガは積み終わった、後は時の流れに任せようじゃないか!

さて、私が米国配当株投資に切り替えて6年が経過したのですが、その間ひたすら配当株を買い続けてきたために、今や時価で5,000万円を超えるポートフォリオに成長し、

税引き後年間配当10,000 USD!

は確実なレベルとなってきました。

 

手元にはまだキャッシュがあるので、それを投入すれば税引き後年間配当20,000 USD程度にはなるのですが、これから間違いなく訪れるであろう円高を伴う株価下落時に勝負をかけるために、現金余力は温存しています。

時間に任せる投資法

 

それでも、ポートフォリオがこれだけ大きくなると、後は配当再投資だけでもポートフォリオが大きくなっていき、配当も増えていきます。

 

一つシミュレーションしてみましょうか? 年間100万円の配当をもたらすポートフォリオに配当再投資を行うとします。

また、増配率は年6%としますが、これは米国株に投資すれば十分計算できる利率ですね。20年配当再投資を続けるとどうなるでしょうか?

 

はい、こんな感じです。

1年目108
2年目117
3年目126
4年目137
5年目148
6年目160
7年目173
8年目187
9年目202
10年目218
11年目236
12年目255
13年目276
14年目298
15年目323
16年目349
17年目377
18年目408
19年目441
20年目477

 

追加入金せずとも、配当金はぐんぐん増加していきますね。

 

『まとめ』らしきもの

 

以上のシミュレーションからわかるように、ある程度の規模の配当株ポートフォリオを構築してしまえば、あとは配当再投資だけで勝手に配当が増えていきます。しかも

追加入金なし!

で、です。

 

ですから出来る限り入金して、株式ポートフォリオを太らすことに全精力を注ぐべきです。一旦ポートフォリオが出来てしまえば、後は時間が過ぎるのに任せるだけで投資の成果を得ることができるのです。

 

でわ。

4 Comments

たぬき

返信ありがとうございます。

自分は優待株から入ったのですが、米国株に行き着くまで時間がかかってしまいました。。。
問わず語りさんを参考に、今度は米国株を少しずつ積み上げていきたいと思います。

宜しくお願いします。

返信する
問わず語り 問わず語り

たぬきさん

いらっしゃい!

米国株に移行するには、いいタイミングだと思います。株価下落の局面に入っていくために、株式数を増やすチャンスですからね。

またよろしければコメント下さい。たぬきさんの投資の成功をお祈りしています。

返信する
たぬき

自分と同じような資産規模なので、参考にさせて頂いています。

ところで、5→6年目の部分、間違っていませんか?
3万しか増えていませんが。

返信する
問わず語り 問わず語り

たぬきさん

いらっしゃい!

ご指摘ありがとうございます。確かに間違っていますね。いま出先で対応できないので、明日以降修正します。

資産規模が同じ程度と言われると親近感が湧きます。たぬきさんの投資ライフが順調にいきますように。

またよろしければコメントください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です