上ばかり見ていると転んじゃいますよ!(投資のお話)

多くの株式投資家は、

上値

を追いかけています。要は、

仕入れた値段よりも高く株を売ろう!

と考えて、できるだけ高値を狙ってやろうということですね。

 

別の視点から見たほうがいいんじゃないの?

 

上値を追いかける投資は、当たった時に大きく儲けられる可能性があります。ですから、株式市場に参入する投資家さんの多くは、上値を常に追いかけています。

 

でも、上値を追いかける投資は危ない。株価が順調に見えていても、何らかの理由で急激に値下がりすることは良くあります。そして、上値を支える根拠が無くなった際の株価の下落幅は、時に投資家に壊滅的なダメージを及ぼすこともあります。

 

一方で、私の場合は上値は全く考えることはなく、逆に

この株はどのぐらいまで下がる可能性があるか?

ということを、購入時に最初に考慮するファクターの1つとしています。

 

性格的に

最悪

を想定しておいて、そこからプランを組み立てるタイプなので、最初に株の下値を意識するのですが、そのおかげか、今まで株で大怪我をした記憶はありません(都合よく忘れているだけかもしれませんが・・・)。

 

『まとめ』らしきもの

 

私は配当株投資家なので、株価上昇は考慮の範囲外であり、したがって上値の事は考える必要はありません。

 

その代わりに、下値だけを意識しています。

この株はどこまで下がる可能性があるか? その下げに自分は耐えられるか?

この2点を繰り返し自問し納得してから、購入に踏み切っています。

 

でも、不思議なことに、下値だけを意識しているのに結果的に株価が上昇して、そこそこのキャピタルゲインを取れることも多かったんですよね。

負けないようにしているだけなのに、何となく勝ってしまう・・・不思議です。もちろん、大勝ちすることはありませんが。

 

で、思うのは

上値ばかり追いかけているから、足元をすくわれるんだよな・・・それよりも、負けない事を第一に考えて投資した方が、結果的に勝てるんじゃないだろうか・・・

ということです。

配当株投資家の私にとっては、配当金額の多寡がすべてであって、株での勝ち負けは関係ありませんが、本気でキャピタルゲインを狙いにいったとしても、『負けない方法論』でマーケットインすると思いますね。

 

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です