『リテールパートナーズ』の株主フレンドリーな対応!

皆さんは、リテールパートナーズという会社をご存知ですか? これは、山口県を中心に中国地方に展開するスーパーマーケットチェーンのことです。

 

沿革を述べると、丸久という会社とマルミヤストアという会社が経営統合してできた会社で、近年では福岡に地盤を有するマルキョウを子会社化して、勢力を拡大しています。

 

私は、株主優待目当てで、丸久の時代から単元株を保有していますが、ここの株主優待は太っ腹で、以下のどれかを年2回株主に贈っていただけます。

[Aコース] 株主優待券(買い物割引券)

[Bコース] ぷちうま!山口カタログギフト

[Cコース] JCBギフトカード

この中で、私はいつもJCBギフトカードを選んでいるのですが、先日贈られてきた優待について、リテールパートナーズから

とっても嬉しい対応!

を受けたので、それをお話ししたいと思います。

 

どんな対応だったのか?

 

リテールパートナーズの株主優待は、返信ハガキに希望の品を記入して返送するタイプのものです。いつものように、ハガキにJCBギフトカード希望の旨を記載して送付したのですが、先日贈られてきた封筒に入っていた株主優待がこれ

 

『あれ、おかしいな。ギフトカードを頼んだはずなのに・・・』と思ったのですが、別の封筒も送られてきていて、その中にJCBギフトカードと手紙が入っていました。

 

手紙の文面は以下の通りでした。

(前文省略)

株主ご優待ご希望ハガキの返信ありがとうございます。しかしながら、返信ハガキの到着が期日を過ぎておりました。弊社では理由の如何に関わらず、返信ハガキが期日までに株主優待事務局に返送されない株主様にはAコース「株主ご優待券」をお送りすることとなっております。

ご希望のご優待品「JCBギフトカード」を先にお送り申し上げます。別便にて、配当金のご案内及び事業報告書とともに「株主ご優待券」を5月25日に発送いたしますが、今回同封の返信用封筒にご不要の「株主ご優待券」を入れて弊社宛て送り返してくださいますよう、お願い申し上げます。

株主様には大変お手数をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。

(以下略)

 

いえいえ、とんでもない・・・お手数をお掛けしたのは、期日までに返信ハガキを送らなかった私のほうです。誠に申し訳ありませんでした。

 

『まとめ』らしきもの

 

リテールパートナーズは株主優待が太っ腹なので好きな会社だったのですが、今回の

とっても株主フレンドリーな対応

で、ますます好きになってしまいました。こうなったら、

永久ガチホ

するしかありません。

 

株主優待を改悪する会社も多い中で、リテールパートナーズの今回の対応は、

株主還元を標榜する会社の鑑

と言ってもよいのではないかと思いました。

 

えっ、株主優待券ですか?

もちろん返送しましたよ。優待コジキの私ですが、そこまで落ちぶれちゃいませんぜ・・・

 

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です