2016年間投資成績:配当金は二年連続100万円を超えました

今回の今までの配当株投資を振り返る』シリーズは、2016年のまとめです。

 

2016年は配当株投資を開始してから4年目の年でした。各月の配当履歴でご紹介したように、月によっては配当金総額が、

 

20万円にあと一歩!

 

という状況となっていて、投資成果を実感できた年でもありました。

 

では、『振り返り』を行いましょう。

 

2016年間投資成績

 

2016年の年間成績は、以下の通りでした。

 

内訳金額前年比
配当金総額1,149,098円+6.0%
うち米国株からの配当7,723.92 USD+14.0%
うち日本株からの配当241,032円+34.9%
うち中国株からの配当73,806円-20.0%

 

*過去の年間成績は、以下をご覧ください。

 

『2013年間投資成績』

『2014年間投資成績:配当は前年比で順調に増加し、総額50万円を超えました!』

『2015年間投資成績:配当総額は大台の100万円を超えました!』

 

投資活動概要

 

まず、本命の米国株については、USDベースの配当金が前年比+14.0%と満足すべき結果となりました。これは、各銘柄の増配に加えて、以下の銘柄の購入による配当増加が寄与しました。

 

新規購入:BUD、DIS、DPS、HSY、MDLZ、NKE、RHI、WFC

追加購入 :AEP、UNP

 

そして、これらの銘柄購入のために20,305.84 USDを充てました。

 

また、日本株からの配当も大きく増加しました。これは、優待株を増やした効果によるものがメインでしたが、従来からの保有株からの増配もしっかり効いていました。

 

配当金の総額では、前年の1,084,419円に対して、2016年は1,149,098円となり

 

二年連続で年間配当100万円超!

 

となりました。

 

一方で、2016年の株式売買損益は、-84,398円の赤字となりました。これは、米国株購入に充てるために、日本株と中国株を損失を厭わず現金化したためです。

 

『まとめ』らしきもの

 

総括すると、2016年は年間配当100万円という目標を2年連続で達成できた記念すべき年でした。

 

これだけの配当金があれば、買える銘柄のボリュームも結構なものとなり、その結果いただける配当金もそれなりの額であって、配当再投資の効果を実感できます。

 

配当金が雪だるま式に増える

 

という状態に徐々に近づいていたと感じた2016年でした。それにしても、

 

何もせずともお金をもらえるなんて最高!

 

です。これこそが、配当株投資の醍醐味ですね。

 

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です